2021.2月号vol.71

セラミック治療の最先端システム導入

先月、当院にプランメカ社「プランメカフィット」を導入しました。

「プランメカフィット」は、お口の中を専用口腔内スキャナーで撮影し、そのデータを基に「セラミック素材の被せ物(自費治療)」を作製する先進医療で、CAD/CAM(キャドキャム)システムと呼ばれています。

これまでは、削った歯の型取りをして模型を作り、その模型に合わせて、歯科技工士が被せ物を手作業で作製していましたが、CAD/CAMシステムの「プランメカフィット」は、削った歯をそのまま口腔内スキャナーで撮影し、そのデータを基にセラミックブロックを削り出すことで、精密な被せ物を作製することが出来ます。

患者様にとっては、型取りの不快感がなくなるだけではなく、治療時間の短縮や、より精密な被せ物が装着できることでムシ歯の再発リスクを軽減するというメリットと同時に、自然な色調の美しい歯(セラミック素材の被せ物)を届けることができます。

専用口腔内スキャナーで撮影された歯の情報は、インターネット回線によって専門の技工所にデータとして送られます。

データを受け取った技工所は、データをもとに専用のミリングマシンが、忠実に歯を再現するため圧縮された高い強度のセラミックブロックを削り出します。

圧縮されたセラミックブロックは、通常のセラミック治療の技法よりも強度のあるセラミック素材の被せ物の作製することが可能になります。

精度が高く、自然な美しさの「プランメカフィット」治療は、これからの患者様の健康につながるセラミック治療です。

「プランメカフィット」のセラミック治療については、当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。