2020.2月号vol.59

歯を守り続けるために

皆さんは、『なぜ年を重ねるうちに歯が失われていくのか?』と考えられたことはないでしょうか? 

ムシ歯治療によってムシ歯にならない歯になれば、歯は失われずに済むかもしれません。 

しかし、治療を受けた歯が数年後にまたムシ歯になってしまうこともあるため、歯科治療を受けたからといって『これで大丈夫』『この先もずっと健康』ということにはなりません。

自然治癒力のない歯をどのようにして守っていくのか?

その為には『なぜムシ歯になったのか?』の原因や経緯を理解し、その上で、繰り返さない、または進行を遅らせる為の予防がとても大切です。

予防のためには、歯科定期検診を受けることで、ムシ歯や歯周病のリスクを減らすためのお口のクリーニングや、問題を早期に発見することが大切です。

また、歯磨きなど毎日の正しいセルフクリーニングも大切です。

当院では、皆様のお口の健康をお守りするために、定期検診をご案内しております。

2020.2月号vol.59

残存歯数と生涯医療費の関係

お口の健康と全身の健康に大きな関係があることはご存知でしょうか?その関係のデータが、歯科医療と生涯医療に示されており、「残っている歯の数」と「生涯医療費」にも現れています。

左ページでもお伝えしているように、「噛む」という運動機能は全身の健康につながる役割を持っています。

歯が多く残っていると、食事を飲み込むための嚥下(えんげ)機能も正常に働きますが、多くの歯を失い嚥下機能が正常に働かないと、痰(たん)やお口の細菌などが肺に入り込み「誤嚥性肺炎」を引き起こしてしまう場合もあります。

また、歯を失うことで、食事に制限が出ることも健康に影響を与えてしまう要因になります。

今ある歯やお口の健康を守るためには、毎日の正しい歯磨きと歯科医院で定期的にお口のメンテナンスを受けることが大切です。

また、むし歯などの治療は早期に受けることで、軽度な治療で終えることができるため、歯を守ることが出来ます。

2020.2月号vol.59

バレンタインデー

2020年が始まり、もう1ヶ月が経ちました。

2月には、節分や雪祭りなどがありますが、大切な行事の一つにバレンタインデーがあると思います。

私の学生時代は、バレンタインデーの2月14日はドキドキしながら登校し、何事もなくそのまま帰宅していたことを思い出します。

日本のバレンタインデーは、女性が男性に気持ちを伝えるためにチョコレートを贈る日となっていますが、最近は自分へのプレゼントや、友人に贈る「友チョコ」などもあり、イベントとしての幅も広がっているようです。

企業が商業目的で普及させたというのが始まりのバレンタインデーですが、日本と海外では違いがあるようです。

海外のバレンタインデーは、男性から女性にプレゼントを贈ることが多く、プレゼントもチョコではなく、お花やアクセサリーなどが一般的のようです。

また、家族や友人とプレゼントを贈り合うこともあるそうです。

私は、スタッフからの義理チョコを期待して2月14日に挑みます!