2019.6月号vol.51

令和とGW

5月より、平成から令和という新元号になりました。

令和への改元あたり、ゴールデンウィークも最大10連休となり、当院も4月28日~5月6日の9日間のお休みを頂きました。

皆様は、どのような連休を過ごされたでしょうか?

私は、小学生の頃に昭和から平成の改元を経験しましたが、今回の令和では日本中の大きな祝福ムードがとても印象的でした。

ご存知の方も多いと思いますが、令和は国書であり日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌」が出典元で、「明日への希望とともに、日本人一人ひとりが大きな花を咲かせる」という思いが込められているそうです。

新しい時代となり、気持ちも新たに毎日を過ごしていこうと思いますが、これまでと変わらず一人ひとりの患者様と向き合う診療に励んでいきます。

令和もさかい歯科クリニックを宜しくお願い致します。

2019.6月号vol.51

ムシ歯の再発リスクを下げる為に

現在、多くの方がムシ歯や歯の根の治療のため、当院に通院されています。

しかし、歯は治療をしても、歯や歯の周辺組織は再生できないので、厳密にお伝えすると『治療』ではなく『修復』という事になります。

痛みの原因となるムシ歯菌や、ムシ歯菌に感染してしまった部分を取り除き、「被せ物(かぶせもの)」や「詰め物(つめもの)」によって、日常の生活を取り戻すために歯を『修復』することが、多くの方がイメージしている歯科治療になります。

一度治療した歯が、数年後またムシ歯になることが多いのは、

修復物(被せ物・詰め物)と『歯の境目』に菌が付着してしまうことが主な原因です。

治療が終わっても「歯が治った」「健康な歯が復活した」ことにはならないことから、ムシ歯予防のための歯磨きや定期的な歯科メンテナンスをはじめ、精度の高い治療の選択が大切です。

2019.6月号vol.51

歯科医師勉強会グループ活動

4月20日(土)は、昨年の4月に大学時代の同期4人で始めた歯科医師勉強会グループで通例勉強会を行い、会場となった苫小牧で開業されているメンバーのクリニックへ診療後に向かいました。

今回の勉強会では、「詰め物について」をテーマに行いました。

歯科の「詰め物」とは、レジンと呼ばれるプラスチック素材の材料で、比較的小さなムシ歯の治療で使用し、ムシ歯などで削り取った部分の歯を修復するための治療になります。

「詰め物」にも、保険で適用される材料と、保険外になる材料がありますが、今回の勉強会では保険で適用されるケースを中心に学び合いました。

ムシ歯治療で一般的に使用される「詰め物」ですが、比較的柔らかい素材であるため、変色が起こりやすいほか、多くの場合は奥歯には使用できません。

勉強会では、高い精度でより自然で美しい「詰め物」にするための、技術や知識について症例をもとに意見を交わし、学ぶことが出来ました。