2019.4月号vol.49

健康になる素材を使用した治療

ムシ歯の治療をした歯が銀歯になっている方もいらっしゃると思いますが、世界の一般的な歯科治療では、金属を使用していないことはご存知でしょうか?

日本では、アマルガムという水銀化合物である金属素材が保険適用となっていましたが、平成30年にやっと保険適用から外されました。

現在の日本の保険治療で主に使用している銀歯(12%金銀パラジウム合金)は、金属アレルギーの原因となることもあるので、医療先進国のドイツなどでは、乳幼児や妊婦への使用は禁止されています。

もちろん、アマルガムの使用も禁止されています。

当院では、一人ひとりの患者様に自分自身の健康への関心を持って頂き、ムシ歯などから歯を守る治療や、安全な治療につながる素材をご案内しています。

また、金属アレルギーと診断された方は、本来は保険適用外の冠も一部保険が認められる場合がありますので、ご相談下さい。

広告

2019.4月号vol.49

その「いびき」大丈夫ですか?

睡眠時無呼吸症候群は、いびきの原因である舌の沈み込みより、睡眠時の呼吸が低下・停止する病気です。

一般的に、肥満の方が睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと思われがちですが、実は日本人は欧米人に比べて骨格が小さく睡眠時無呼吸のリスクが高いとされています。

睡眠時無呼吸症候群の恐ろしさは、本人は寝ていて気づかないことにあり、日本人の潜在患者数は300万人以上と推測されています。

睡眠時無呼吸によって、日中の眠気を引き起こし、交通事故に繋がったり、高血圧や糖尿病などの重症化にも影響してくると言われています。

いびきが無呼吸症候群の原因となる場合が多いことから、当院では睡眠時の気道の確保をすることで、いびきの予防・改善に効果がある

『マウスピース(保険適用外)』を作製しています。

いびきを指摘されたことがある方や、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は、専門診療所で受診することをおすすめします。

また、睡眠時無呼吸症候群と診断された方は、『マウスピース』作製は保険適用となります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群については、当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

2019.4月号vol.49

食習慣で健康づくり

健康な体を守っていくために大切な食事ですが、栄養バランスなどが考えられた食事は、お口の健康にとっても大切です。

しっかり噛む食事には、大きく分けて3つの効果があります。

①顎(あご)や味覚の発達促進

②だ液の分泌促進によってムシ歯の予防

③脳の活性化

お子様の場合は特に、よく噛むことで、顎(あご)の成長・発育が促されるほか、味覚が発達することで、素材そのものの味を感じ取る力がつきます。

食習慣を改善することで、ムシ歯や歯周病の予防や改善に繋がる場合もありますので、食事についての疑問などがございましたら、お気軽にお尋ね下さい。