2019.3月号vol.48

1日4粒のキシリトール

キシリトールが含まれたガムやタブレットが店頭に並ぶようになり、キシリトールは一般的にも多く知られる成分となりました。

キシリトールは、ムシ歯予防に効果があることをご存知の方も多いと思います。

キシリトールには、ムシ歯をつくる「ミュータンス菌」を減少させることで、ムシ歯の原因となる酸の生成を抑制する働きがあります。また、甘みがあることから、だ液を多く出させる効果によってムシ歯になりにくいお口の環境をつくる働きもあります。

ムシ歯予防のためには、1日に4粒の摂取が効果が出る目安となっており、食後に取ることでより効果が期待できます。

また、ムシ歯になりやすい方は、間食後や就寝前に取ることも効果があると言われています。

また、キシリトールの摂取だけでムシ歯予防に繋げることは難しいので、しっかりと毎日の歯磨きと、歯科医院で定期検診の受診が大切です。

広告

2019.3月号vol.48

お口に留まり効果を発揮

当院では、ムシ歯予防効果の高い歯磨き剤や、歯周病予防・改善のための歯磨き剤を取り扱っています。

ムシ歯予防に効果のある歯磨き剤「チェックアップジェル」は、高いフッ素濃度の力でムシ歯を予防する働きがあり、研磨剤は含まれていないので、歯に優しい成分になっています。

歯周病の予防・改善に効果のある歯磨き剤「SP-Tジェル」は、お口の環境を衛生的にする殺菌成分や、歯ぐきを強くするビタミンEも配合されています。

どちらの歯磨き剤もジェルタイプなので、歯に滞留する特徴があり、高い持続効果を期待することが出来ます。

歯磨きの後は、強く口をブクブクしないことが大切になりますので、ご注意ください。

2019.3月号vol.48

喫煙と歯周病の関係

歯周病は、歯ぐきなどの歯の周りの組織に炎症を引き起こす感染症で、歯を失う最大の原因です。

歯周病の予防や改善のためには、歯科医院で定期的にお口のメンテナンスを受けることや歯科衛生士による歯周病治療を行うことで歯周病菌の数と活動のコントロールをしていくことが重要になります。

しかし、喫煙をされている場合、しっかりお口のメンテナンスを受けていても歯周病の進行を防ぐことが難しくなります。

喫煙は、全身の健康と同じように、お口の健康にとても悪い影響を与えてしまいます。

人の体や歯ぐきの中には血管が通っています。炎症が起こっている部位の血管からは細菌と戦う成分(白血球など)が出てきますが、喫煙をすると歯ぐきの血管は収縮してしまい、その成分が出にくくなります。

喫煙は、体の防御力を弱めてしまうため、歯周病菌を攻撃する働きも弱くなり、その結果歯周病が進行してしまいます。

禁煙に取り組むことが、健康そして歯周病対策への大きな一歩になります。