2018.9月号vol.42

第2回 同期勉強会

8月18日(土)の診療後は、4月にも行い、今回で2回目となった大学時代の同期との勉強会を行いました。

勉強会では、「補綴治療(ほてつちりょう)」について学びを深めることが出来ました。

「補綴物(ほてつ)」とは、ムシ歯などで歯の一部を失ってしまった場合に、歯を修復するための「詰め物(つめもの)・被せ物(かぶせもの)」などのことです。

補綴治療には、前歯や奥歯、治療の範囲などによって、多くの治療方法があり、勉強会は、患者様の健康を守ることにもつながる『セラミック補綴治療』をテーマに行いました。

セラミック素材は、お口の中でも細菌が付着しにくいことや、特殊な接着システムにより、治療部分と歯との境目に隙間が生まれにくいことから、ムシ歯の再発リスクを大きく軽減することが出来ます。勉強会では、実際の症例をもとに、どのような治療器材を使い、どのように治療方法を選択しているかなど、医療現場に直接つながる意見を交換することが出来ました。

広告