2018.4月号vol.37

診療予約状況

さかい歯科クリニックは、皆さまが笑顔で通院できる歯医者さんを目指しております。

一人ひとりの患者様に適切な診療時間を確保することで、最善の治療を届けていくことを大切に診療と向き合っておりますが、最近は、次回診療予約がご希望の曜日や時間にお受けできないこともあり、皆さまにはご不便をおかけする場合も増えております。

次回診療予約については、現在、問題を解消し改善していくための取り組みを進めております。

診療の順番については、一人ひとりの患者様にとって「適切な診療時間を確保する」ため、診療室にお呼びする順番が前後することもありますので、ご了承お願い致します。

また、診療予約時間の変更やキャンセルについては、お電話でご連絡いただくと大変助かりますので、ご協力お願い致します。

今後も、皆さまが安心して笑顔で通院できる歯医者さんづくりに向けて、取り組んでいきますので宜しくお願い致します。

広告

2018.4月号vol.37

歯科メンテナンスと医療費の関係

下のグラフは、定期的な歯科検診を受診されてる人と、受診されていない人の生涯総医療費負担についてのデータです。

定期的な歯科検診を受けている人に対し、受けていない人の総医療費の負担額はおよそ倍近い数字が示されています。

なぜ、歯科検診を受診すると医療費の負担が減る場合が多いのかご存知でしょうか?

大きく分けると3つの要因が上げられます。

 ①お口のトラブルを未然に防ぐことが出来る場合が多い。

 ②口腔健康が、糖尿病や心筋梗塞など全身疾患予防につながる。

 ③正しく噛むことが、食事や脳の活性、全身健康を支える。

治療後のお口の健康や、現在お口が健康な状態の方が、これからの生活でも健康を維持できるように、予防歯科をお届けしていきます。

2018.4月号vol.37

歯が抜けたままでも大丈夫?

『歯は一本くらいなくても問題ないだろう』というお考えから、歯がない状態のままでいる方はいらっしゃいませんか?

「歯が抜けた」「通院を途中でやめてしまった」などの理由で、一本でも歯がない状態でいることは、お口の健康に様々な影響を与えてしまうことをご存知でしょうか?

例えば、『下の奥歯』を一本抜けてしまったままにしておくと、これまで『その歯と噛み合っていた上の奥歯』が下に伸びてきます。

また、両隣の歯は、支えがなくなる為、抜けた歯の方向に倒れてきてしまいます。

一本の歯がなくなり、スペースができてしまうことで、歯のバランスが崩れ、噛み合わせに問題が出てくるほか、歯磨きがしにくくなることでムシ歯や歯周病のリスクも上がってしまいます。

歯は、一本一本に大切な役割があり、それぞれの歯があることで、健康を維持することが出来ます。