2017.12月号vol.33

歯周病予防につながるセラミック治療

栄machi通信9月号では、セラミック治療が『ムシ歯の再発リスクを抑える』ことをお伝えし、10月号では、セラミック治療の特殊構造が『歯の根を守る』ことをお伝えしました。

今回は、『歯周病予防につながる』セラミック治療についてです。

歯周病やムシ歯の原因は、『細菌』です。

この『細菌』を減らすことが、歯周病やムシ歯の予防につながります。歯周病やムシ歯の原因となる『細菌』を減らすために有効な手段が、毎日の歯ブラシやフロス・歯間ブラシと、歯医者さんで行なうお口の定期メンテナンスです。

そして、歯を守ることに繋がる治療方法の選択です。

大きなムシ歯になった場合の治療には、銀歯かセラミックの主に2種類の治療方法があります。

セラミックは、銀歯に比べて『細菌』が付着しにくいという性質があるため、長期に渡って歯を守り、歯周病予防にもつながります。

銀歯は、セラミックと比べると2倍~17倍も細菌が付着しやすいため、歯周病リスクも高まってしまいます。

歯を失う原因で一番多い「歯周病」から歯を守るためにも、治療後の健康を考えた治療が大切です。

広告

2017.12月号vol.33

大谷選手の目標達成シート

皆さんは、プロ野球観戦をされますか?

私は、それほど強いプロ野球ファンという訳ではありませんが、やはり日本ハムファイターズの勝敗は気になります。

今シーズンの日ハムは、大谷選手の怪我の影響もあったのか、5位という結果で終わってしまいました。

大谷選手は、高校時代に「目標達成シート」をつくり、高校の最終目標である「ドラフトで8球団から1位指名を受ける」ために、やるべきことを書き出し、取組んでいました。

大きな最終目標を達成するために、目の前にある小さな課題にもしっかり向き合う大切さを高校生で実践していたことには驚かされます。ついに、メジャー挑戦を表明した大谷選手。

メジャーリーガー大谷選手に期待して応援したいと思います。

(11月20日現在)

2017.12月号vol.33

2017年を振り返って

今年も12月になり、2017年の終わりが近づいてきました。

2017年最後の「栄machi通信」になります。

皆さんにとって、今年はどのような一年だったでしょうか?

私は、たくさんの経験を積んだ一年になりました。

今年は、4月から12月まで『臨床総合セミナー年間コース』に参加し、質の高い歯科治療の技術・知識の向上を目指しました。

北海道の歯科医療を牽引する歯科医師から直接、歯科治療を学ぶことができ、治療スキルと深い知識を得ることが出来ました。

そして、何と言っても記憶に新しいのが、「結石による入院」です。

9月に入院し治療を受けましたが、退院を急いでしまい、結局は11月7日より再入院することになってしまいました。

当院に通院頂いている皆様には、大変なご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございませんでした。

11月の入院で、しっかり完治することが出来ましたので、来年は健康な体でしっかり働きたいと思います。