2017.11月号vol.32

尿管結石の原因と予防

20代~40代の男性に多く発病する「尿管結石」は、日本人男性の

10人に1人がかかる病気と言われています。

結石を経験をされた方もいらっしゃると思いますが、その症状はなんと言っても『痛み』です。

結石が、腎臓から尿管へ落ちるときや、尿道を通るときには大変な痛みに襲われる場合が多く、私も苦しめられました。

結石は、その80%が「シュウ酸カルシウム」によって作られていることから、シュウ酸カルシウムを多く含む、コーヒーや紅茶、清涼飲料水、ほうれん草の取り過ぎが原因の一つと考えられていますが、明確な原因は特定されていません。

また、尿管結石は再発率がとても高いので、今後は私も再発リスクを下げるための予防が大切になります。

予防効果が高いと言われているのが「食事」です。

なるべく水分(水)を摂り、カルシウムを多く含む緑黄色野菜や、ゴマなどを摂取することが予防につながるようです。

健康管理も仕事の一つですので、治療後は健康に目を向けて取り組んでいこうと思います。