2017.4月号vol.25

浸透・殺菌で歯周病予防

成人の約8割が感染している歯周病は、最も多い「歯を失う原因」でもあります。

歯周病は、「プラーク」と呼ばれる汚れや菌の集合体が「バイオフィルム」という膜を張り、歯ぐきを炎症させ進行していきます。

当院では、歯周病の予防・改善のために、専用の材料や機器を使用し、歯科衛生士によるお口のクリーニングを行うことで、お口の衛生的な環境づくりを目指しています。

また、歯周病の患者様には、毎日の歯磨きで使用する「システマデンタルペーストα」をご案内しております。

システマデンタルペーストαは、バイオフィルムの中に浸透し、殺菌する特殊な『IPMP(アイピーエムピー)』という成分が含まれており、通常の歯磨きでは取り除くことが出来ないバイオフィルムの働きを抑制する効果があります。

歯周病や、システマデンタルペーストαについての、ご質問は当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

広告