2017.2月号vol.22

歯周病と闘う歯磨き剤

歯を失ってしまう原因で、一番多いのが歯周病です。

歯周病は、歯周病菌(プラーク)の集合体(バイオフィルム)が増えていくことで、少しずつ「歯ぐき」を弱らせるお口の中の感染症です。歯周病菌の集合体(バイオフィルム)は、表面に膜を作ることで、

通常の歯磨きなどでは取除くことは出来ません。

当院では、歯周病の方へ『デンタルペーストα』という歯磨き剤をお勧めしています。

『デンタルペーストα』は、「IPMP」という成分がバイオフィルムの中に浸透し、殺菌する効果があるので、歯周病の予防や、歯周病の進行を遅らせることに期待が出来ます。

ムシ歯と同じように、歯周病も毎日の正しい歯磨きと、歯科定期検診のお口の中のクリーニングによって、いつも衛生的な口腔環境を維持していくことが予防に繋がります。

歯周病は、自覚症状がないまま進行する場合が多いので、日頃のケアと定期的な歯科検診で早期改善、予防が大切です。

広告

2017.2月号vol.22

歯周病と糖尿病の関係

皆様は、お口の健康と全身の健康には、深い関わりがあることをご存知でしょうか?

もちろん、全身疾患とお口の健康にも関係があり、歯周病は糖尿病の合併症の一つとして認知されています。

糖尿病には、1型と2型があり、特に成人に多く見られる2型では、体内でインスリンの作用が不十分になります。

そして、糖尿病症状の特徴の一つに免疫システムの低下があげられ、インフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなるデータもあります。

この免疫システムの低下は、お口の中も同様で、『お口の細菌感染症の歯周病』の進行を早め、改善が遅れる場合もあります。

近年、海外の発表では歯周治療により糖尿病の症状が改善される報告があげられてきており、改めて歯周治療の重要性が問われています。

当院では、お口の健康をお守りすことで、皆様が、生涯を笑顔で暮らせる歯科医療を目指しています。