2016.12月号vol.21

診療チェア導入

10月26日(水)の診療終了後に、新しく診療チェアが導入されました。

これまで診療チェアは2台で診療を行っておりましたが、今後は、3台体制で診療をすることが出来ます。

3台目の導入は今年の春頃から計画しておりましたが、多くの問題を乗り越えての導入になりました。

皆様の診療待ち時間の短縮や、次回の診療ご予約をよりスムーズに対応することを目指した3台目の導入です。

診療チェアの設置は、まず分解された状態でトラックで運ばれ、その後、歯科医療メーカーさんによって組み立てられます。

長時間の力仕事にも、常に笑顔で対応して頂き、改めて関係業者様に感謝する1日となりました。

広告

2016.12月号vol.21

ムシ歯になりやすい③歯の咬合面

8月号vol.17、11月号vol.20にも掲載してきました

『ムシ歯になりやすい部位』の第3弾は、『咬合面(こうごうめん)』です。

皆さんは、咬合面とは、どの部位のことかご存知でしょうか?

咬合面とは、上と下の奥歯が噛み合う面を言います。

奥歯を上から見ると『溝』があり、その溝に食べカスや汚れが溜まることでムシ歯になってしまいます。

この『溝』は、モノを噛んだ時の力を分散させる役割や、すり潰しやすくしたり、アゴの運動の誘導面をつくる為に大切ですが、人によっては、この溝がとても深い方もいらっしゃいます。

毎日の歯磨きで、しっかりと丁寧に溝の汚れをかき出すように歯ブラシを動かし、衛生的な咬合面を維持することがムシ歯予防に繋がります。

また、お子様の場合は、奥歯の溝を一時的に埋めることでムシ歯を予防する為の処置もございますので、気になる方は当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

2016.12月号vol.21

2016年を振り返って。

皆さん、こんにちは。 2016年最後の「栄machi通信」です。

今年1年を振り返るのは、少し早いかもしれませんが、皆さんは、どんな1年でしたか?

4月に開院1周年を迎えた「さかい歯科クリニック」は、様々な取り組みもあり、あっという間の1年でした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-1-26-22

春には、所属している歯科医師グループの勉強会から始まり、

6月の学会に参加するため、東京出張をはじめ、多くの勉強会に参加することが出来ました。

そして、今年から札幌北幼稚園の園医にもなり、「歯科検診」や、「歯磨き教室」を開催することも出来き、子供達との触れ合いが多かった

一年にすることが出来ました。

来年も、地域の皆様が『笑顔で通院できる歯医者さん』を目指し、スタッフ一同活動を続けていきたいと思います。