2016.10月号vol.19

お子様に最適な1本

当院のお子様向け歯磨き剤のご紹介です。

皆さんは、お子様にどの様な歯磨き剤をお使いでしょうか?

また、どのように選ばれているでしょうか?

今回、ご紹介させて頂くのは「チェックアップジェル」というバナナ味の歯磨き剤です。

チェックアップジェル(バナナ)は、1~6歳のお子様に最適で、

ムシ歯予防に有効なフッ素を含んでいるほかに、

研磨剤が無配合なので、お子様の弱い歯を傷つけてしまう心配がありません。

チェックアップジェルのご使用方法は、通常の歯磨きが終了した後に、少量を歯ブラシにのせて、仕上げ磨きとしてご使用すると効果的です。歯磨きが嫌いなお子様には、チェックアップジェルのみの使用でも良いので、お気軽にお求めください。

広告

2016.10月号vol.19

歯科衛生士勉強会

9月10日(土)の診療後は、院内勉強会を行いました。

知り合いから紹介して頂いたベテラン歯科衛生士さんを当院へお招きし、歯科衛生士業務のスキルアップを目指しました。

勉強会では、患者様のお口の中を衛生的な環境にするための、歯のクリーニングや、クリーニングを施術する際に使用する器材の管理方法、器具の状態を確認する方法など、再確認も含め、貴重な時間をつくることが出来ました。

歯のクリーニングは、みなさんが日頃の歯磨きでは磨きにくい部分や、歯と歯ぐきの隙間などに付着している「汚れ」や「菌」を取り除くことで、ムシ歯や歯周病を予防することに繋がる大切な診療です。

また、歯のクリーニングを行う際には、歯を傷つけずに汚れなどを確実に除去する必要があるので、歯科衛生士には高いスキルが求められます。

当院では、より正確に、より迅速な歯のクリーニングを目指していく為、今後も継続して勉強会を実施していきます。

2016.10月号vol.19

妊婦さんと歯周病

皆さんは『妊娠中は歯が弱くなる』『子供を産むと歯を失いやすい』

といった話を耳にしたことはありますか?

これは、ただの迷信ではありません。

妊娠中は、女性ホルモンの増加や、つわり、生活習慣の崩れにより、

むし歯や歯周病のリスクが高まります。

特に、歯周病は感染症の為、お腹の赤ちゃんにも影響を与えてしまう場合がありますので、生活の中でのセルフケアと歯科医院での口腔ケアをしていくことがとても大切です。

下図のとおり、早産や低体重児出産は、喫煙、飲酒、年齢の影響よりも歯周病によるリスクの方が高いことをご存知でしょうか?

妊娠中でもお薬や麻酔などの制限はありますが歯科治療は受けられますのでお気軽にご相談下さい。

これから妊娠の可能性のある方、現在妊娠中の方は、歯科検診を受診し、正しい口腔衛生指導のもとで、

お母さんと生まれてくる赤ちゃんの健康を守りましょう。