栄machi通信8月号vol.5

学会出席

少し前ですが、6月27日(土)、28日(日)は、

顎咬合学会学術フォーラムに参加しました。

開業を機に入会した学会で参加は初めてでしたが、札幌の親しい歯科医師仲間と東京へ出張勉強です。

今回の学会のテーマは、

『新・顎咬合学 ~機能を表現する。機能を捉える。機能を発信する~』というものでした。

近年では、お口の健康と全身の健康の関係性が注目させていますが、

その要因の一つが、噛み合わせ(咬合)です。

正しく噛むために、正しい顎の運動や、歯の健康が大切です。

この学会で、

多くの素晴らしい歯科医師の講義を受け、たくさんの刺激と学びを得ることが出来ました。

広告

栄machi通信8月号vol.5

歯ブラシの交換時期

皆さんは、歯ブラシの交換時期について何を基準にされているでしょうか?

「ブラシが汚れてきた」「磨いた感じが悪くなってきた」など

交換にはいろいろな理由があると思います。

歯ブラシの交換時期はブラシの状態が一番の基準になります。

ブラシが広がってくると、歯の汚れを除去する力も弱まってきます。下の図からもわかるように、

ブラシの状態によって約4割も汚れの除去率が変わってくることが

わかります。

歯を磨くときの力にもよりますが、

ブラシが広がってくるのは、1ヶ月が目安になります。