栄machi通信6月号vol.3

お菓子の食べ方

子供が大好きなお菓子。

しかし、お父さんお母さんからすると、どんなお菓子に注意すれば良いか、わからないこともあると思います。

むし歯になりやすいのは、

糖分(砂糖)が多く含まれているお菓子と、お口の中に長い時間入れているお菓子です。

お口の中に食べ物が入っていると、お口の中は酸性になる為、

お子様の幼い歯は溶けてむし歯になってしまいます。

長い時間をかけて食べ続けることにも注意が必要です。

ゼリーやプリンは、歯に挟まったり、長い時間お口の中にありませんので比較的むし歯になりにくいお菓子です。

糖分が多いお菓子をなるべく避け、食べる時間と食べない時間のケジメをつけること。

そして、お口の中の環境を酸性から中性に戻すために、お水を飲むこともムシ歯予防につながります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中