2020.5月号vol.62

6月1日は「写真の日」

前記事「健康で美しいセラミック治療」の中で、歯科技工士が患者様の口腔内を直接撮影するとお伝えしました。

歯科技工士が使用する撮影用カメラは口腔内を撮影するための特殊な使用となっております。

6月1日は「写真の日」ということをご存知でしょうか?

近年は、スマートフォンやデジタルカメラなど生活に身近なカメラですが、その歴史は1839年にフランス人写真家が開発したことから誕生しました。

日本に写真が伝わったのは、明治後期の1841年で、オランダ船によって撮影機材が長崎に持ち込まれたのを上野俊之丞(うえのしゅんのじょう)が購入したことで始まり、1枚撮影するのに30分ほど時間がかかったようです。

その後、欧米で写真機材の研究が進み、明治27年(1894年)にフィルムカメラが日本に伝わりました。

日本人によって、初めて写真が撮られたのは薩摩藩の藩主だった

島津斉彬(しまずなりあきら)で、1857年6月1日だったことから公益社団法人日本写真協会は6月1日を「写真の日」と制定しました。

制定後に島津斉彬が撮影されたのは9月17日だったことが判明したというオチもある「写真の日」です。

2020.5月号vol.62

お口の体操で健康維持増進

「噛む」「飲み込む」運動機能には、全身の健康にとても重要な役割があることをご存知でしょうか?

お口の周りの筋肉や舌の運動、唾液の分泌が正常に機能しないと、飲み込みにくい・よくむせる・食欲減退・発語の困難など日常生活に影響が出る場合があります。

このような症状が、全身の筋肉や心身の活力の衰えに繋がり、歩行困難や誤嚥性肺炎、転倒しやすいなど、大きな問題の原因になります。しっかり噛んで飲み込む食事をするためには、歯を守る以外にも、お口の筋肉や唾液の分泌を促進させる運動を行うことで、お口全体の健康を維持していくことが大切です。

上の①②の体操を生活の中に取り入れることで、唾液の分泌とお口の筋肉の維持向上に繋がります。

2020.5月号vol.62

健康で美しいセラミック治療

ムシ歯の治療で、被せ物を保険適用の銀歯にするか、保険が適用されないセラミック素材にするかを悩まれる方もいらっしゃいます。

特に、笑ったときなどに見えてしまう歯であれば、見た目を考えてセラミック素材の治療を選択されることもあると思います。

審美性に優れたセラミックですが、その本来の特徴は、お口の健康に優しいという点にあります。

セラミックを歯に着けるときには、特殊な接着剤を使用するため、歯とセラミックの隙間が出にくく、治療後の生活で細菌が付着しにくいため、銀歯に比べてムシ歯の再発予防効果が高まります。

また、セラミック素材は細菌が着きにくい性質があるほか、生体も異物と判断しないため、歯ぐきにとっても優しい素材です。

当院では、症例によって歯科技工士が直接患者様のお口の確認や口腔内を撮影し、ほかの歯とのバランスが合う形や色調のセラミックを作製することで、一人ひとりの患者様に最善な治療を届けています。

透明感がある健康的な歯の再現を可能にするという審美性に優れたセラミック治療ですが、これからのお口の健康を守り続けるためにも有益な治療になります。

2020.4月号vol.61

優しさを感じるプレゼント

先日、当院に通院されている患者様から、手作りの素敵なプレゼントを頂きました。

スクリーンショット 2020-04-15 1.57.02

お花を使った季節を感じる優しい雰囲気の作品が受付がいつもより明るくしてくれました。

また機会があれば、新しい作品をお待ちしております!

2020.4月号vol.61

4月28日は「四つ葉の日」

あまり知られていませんが、4月28日は「四つ葉の日」です。

四つ葉のクローバーを見つけると幸運になるというジンクスがあるため、探した経験があるという方も多いと思います。

なぜ四つ葉のクローバーは幸運なのかご存知でしょうか?

クローバーはマメ科の多年草で別名「シロツメクサ」と呼ばれています。

基本は三つ葉ですが、1万分の1、10万分の1などの確率で四つ葉になることがあります。

四つ葉になる確率や、原因は定かになっておらず、遺伝的要因や環境的要因など様々な議論が続いているそうです。

一枚一枚のクローバーの葉には、国や地域によって違いはあっても「希望・誠実・愛・幸運」などの意味があります。

4枚目の葉が「幸運」を意味していることや、四つ葉を見つけることが困難なことから、四つ葉のクローバーは幸運と言われるようになりました。

今年の春は、私も子ども達と四葉のクローバーを探してみようと思います。

2020.4月号vol.61

祝・5周年

さかい歯科クリニックは、4月6日に開院5周年を迎えることができました。

当院は、開院より治療だけではなく、患者様の気持ちとこれからの健康を大切にした診療に取り組んできました。

無事に5周年を迎えられる喜びと同時に、これまで来院された患者様はじめ、関係業者様、そして、診療のほか様々なかたちで医院を支えてくれているスタッフに感謝の思いでいっぱいです。

患者様にとって最善の歯科医療を届けていくためには、歯科医師や歯科衛生士、受付、歯科助手みんなの力を一つにしたチーム医療が大切だということを改めて強く感じさせてくれました。

これからも、患者様の不安な気持ちに寄り添う診療や、治療後の健康と笑顔に寄り添うための定期メンテナンスによって地域医療に貢献していきます。

患者様の健康を支えることで、生活の安心につながる診療を届けていきますので、今後もどうぞ宜しくお願い致します。

2020.3月号vol.60

安心安全なホワイトニング

最近は、歯を白くするホワイトニングも一般的になりましたが、一方で安全性を軽視したホワイトニングも増えているようです。

歯の表面にはエナメル質という白く硬い層があり、エナメル質の下には象牙質という黄色い組織があります。

歯が黄色っぽく見えるのは、この象牙質が透けるためです。

がむしゃらに力を入れて歯を磨くと、エナメル質が薄くなることで、象牙質がさらに透けて見えたり、知覚過敏症になってしまう可能性があります。

歯科ホワイトニングは、専用の薬剤を使用することで、歯の色調や明度を改善することで主に歯質から着色因子を取り除く治療になります。当院のホワイトニング治療は、変色の原因を分解し漂白効果を出すのと同時に、歯の表面のエナメル質内部の結晶構造を変化させることで光の反射を増加させ、より自然に美しい白さを与えます。

インターネットで販売されているホワイトニング剤や、エステなどで施術するホワイトニングは、歯に過度なダメージを与えてしまうことで、お口の健康を損なう可能性もあるため、注意が必要です。