2020.3月号vol.60

安心安全なホワイトニング

最近は、歯を白くするホワイトニングも一般的になりましたが、一方で安全性を軽視したホワイトニングも増えているようです。

歯の表面にはエナメル質という白く硬い層があり、エナメル質の下には象牙質という黄色い組織があります。

歯が黄色っぽく見えるのは、この象牙質が透けるためです。

がむしゃらに力を入れて歯を磨くと、エナメル質が薄くなることで、象牙質がさらに透けて見えたり、知覚過敏症になってしまう可能性があります。

歯科ホワイトニングは、専用の薬剤を使用することで、歯の色調や明度を改善することで主に歯質から着色因子を取り除く治療になります。当院のホワイトニング治療は、変色の原因を分解し漂白効果を出すのと同時に、歯の表面のエナメル質内部の結晶構造を変化させることで光の反射を増加させ、より自然に美しい白さを与えます。

インターネットで販売されているホワイトニング剤や、エステなどで施術するホワイトニングは、歯に過度なダメージを与えてしまうことで、お口の健康を損なう可能性もあるため、注意が必要です。

2020.3月号vol.60

雛祭りには、どうして雛人形?

3月の代表的な行事といえば、「雛祭り」ではないでしょうか?

ご自宅に雛人形を飾るという方もいるかと思いますが、なぜ雛人形を飾るのかご存知でしょうか?

日本では古来より、「形代(かたしろ)」と呼ばれる紙やワラ、木、土などで作られた人形に自分の体をこすりつけ、厄を移して川や海へ流す厄払いが行われていました。

平安時代になり、貴族階級の子ども達の間では、現代のおままごとのような遊びで紙の人形を使った「ひいな遊び」が流行しました。

この「ひいな遊び」と厄払いの「形代」が結びつき、人の身代わりに厄から守ってくれるという男女ペアの紙の人形が誕生し、貴族の間で飾られるようになったそうです。

中国では、3月3日を「上巴(じょうし)の節句」とし、季節が変わるこの時期に邪気を祓う行事があり、遣唐使によって伝えらたこの行事と、貴族の間で飾られるようになった人形が「ひな祭り」という行事になったと言われています。

2020.3月号vol.60

大切な入れ歯のお手入れ

入れ歯には、失ってしまった歯の代わりとして、会話や食事など生活を支えるための大切な役割があります。

入れ歯を長期間安心してお使いいただくためには、毎日の入れ歯のお手入れが欠かせません。

日中お口の中にある入れ歯には、汚れや細菌が付着しているため、就寝前には入れ歯の水洗いが必要になります。

水洗いの際には、歯ブラシを使用して優しく磨くと良いでしょう。

入れ歯専用のブラシもありますが、歯ブラシでも効果は同じですので、入れ歯を傷つけないように優しく、細かな部分も丁寧に磨き、水洗い後は、入れ歯を乾燥させないためにも、水の中で保管して下さい。

また、就寝中は入れ歯洗浄保管液に浸して保管することで、入れ歯をより衛生的に保つことができます。

入れ歯を衛生的に保つことは、残っている歯を守るなど、お口の健康にも繋がりますので、お手入れ方法についての疑問などはお気軽にお尋ねください。

2020.2月号vol.59

歯を守り続けるために

皆さんは、『なぜ年を重ねるうちに歯が失われていくのか?』と考えられたことはないでしょうか? 

ムシ歯治療によってムシ歯にならない歯になれば、歯は失われずに済むかもしれません。 

しかし、治療を受けた歯が数年後にまたムシ歯になってしまうこともあるため、歯科治療を受けたからといって『これで大丈夫』『この先もずっと健康』ということにはなりません。

自然治癒力のない歯をどのようにして守っていくのか?

その為には『なぜムシ歯になったのか?』の原因や経緯を理解し、その上で、繰り返さない、または進行を遅らせる為の予防がとても大切です。

予防のためには、歯科定期検診を受けることで、ムシ歯や歯周病のリスクを減らすためのお口のクリーニングや、問題を早期に発見することが大切です。

また、歯磨きなど毎日の正しいセルフクリーニングも大切です。

当院では、皆様のお口の健康をお守りするために、定期検診をご案内しております。

2020.2月号vol.59

残存歯数と生涯医療費の関係

お口の健康と全身の健康に大きな関係があることはご存知でしょうか?その関係のデータが、歯科医療と生涯医療に示されており、「残っている歯の数」と「生涯医療費」にも現れています。

左ページでもお伝えしているように、「噛む」という運動機能は全身の健康につながる役割を持っています。

歯が多く残っていると、食事を飲み込むための嚥下(えんげ)機能も正常に働きますが、多くの歯を失い嚥下機能が正常に働かないと、痰(たん)やお口の細菌などが肺に入り込み「誤嚥性肺炎」を引き起こしてしまう場合もあります。

また、歯を失うことで、食事に制限が出ることも健康に影響を与えてしまう要因になります。

今ある歯やお口の健康を守るためには、毎日の正しい歯磨きと歯科医院で定期的にお口のメンテナンスを受けることが大切です。

また、むし歯などの治療は早期に受けることで、軽度な治療で終えることができるため、歯を守ることが出来ます。

2020.2月号vol.59

バレンタインデー

2020年が始まり、もう1ヶ月が経ちました。

2月には、節分や雪祭りなどがありますが、大切な行事の一つにバレンタインデーがあると思います。

私の学生時代は、バレンタインデーの2月14日はドキドキしながら登校し、何事もなくそのまま帰宅していたことを思い出します。

日本のバレンタインデーは、女性が男性に気持ちを伝えるためにチョコレートを贈る日となっていますが、最近は自分へのプレゼントや、友人に贈る「友チョコ」などもあり、イベントとしての幅も広がっているようです。

企業が商業目的で普及させたというのが始まりのバレンタインデーですが、日本と海外では違いがあるようです。

海外のバレンタインデーは、男性から女性にプレゼントを贈ることが多く、プレゼントもチョコではなく、お花やアクセサリーなどが一般的のようです。

また、家族や友人とプレゼントを贈り合うこともあるそうです。

私は、スタッフからの義理チョコを期待して2月14日に挑みます!

2020.1月号vol.58

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

今年のお正月は、長く休みがとれたという方も多かったと思います。また、新年ということで新たな目標を立てた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さかい歯科クリニックは、今年も患者様の健康に向き合い、生活に寄り添うために、健康と新しい笑顔につながる質の高い歯科治療を届けていきます。

今年の夏には東京オリンピック開催や、オリンピック種目のマラソン・競歩は札幌で行われることになったため、大きな盛り上がりを期待しています。

2020年、皆様の健康と笑顔を守れる歯科医院を目指した成長を継続していくためにも当院も様々なことに挑戦していきたいと思います。本年も「さかい歯科クリニック」をどうぞ宜しくお願い致します。